親に多額の借金があると子供に悪影響が及ぶ!

親に多額の借金があると、子供の将来を潰してしまうことになりかねません。

 

親がつくった莫大な借金を子供が被るようなことになれば、その後の子供の人生には多大な悪影響がおよぶことは確実でしょう。

 

ただ、そんな悲惨なことになるのを回避する方法はあります。取り返しのつかないことになる前に、チェックしておくことを取り上げてお伝えします。

 

 

親の借金を子供が被ってしまうのはどんなとき?

 

基本的に、保証人になっていなければ、親の借金を子供が被ってしまう心配はありません。

 

多額の借金を親が抱えており、借金返済が不能になったとしても、子供が返済義務を負うことはないのです。

 

親子が同居しているかどうかも、関係ありません。自宅訪問で、債権者が返済義務のない子供に返済を迫ってきた場合も、応じる必要はいっさいないのです。

 

逆に、そんな不当な取り立てをされたら、債権者が貸金業者の場合、監督官庁の金融庁に対して通告がすることができます。

 

また、執拗に返済を迫ってくるような場合には、警察や弁護士に相談すると良いでしょう。

 

返済義務のない人に返済を要求することは、違法行為であり、要求のしかた次第では脅迫罪や強要罪が適用されることもあります。

 

子供が親の借金の保証人や連帯保証人になっている場合

 

先述のとおり、基本的に親が背負っている借金の返済義務は子供にはありません。

 

ただ、子供が親の借金の保証人や連帯保証人になっている場合、話は別です。

 

親が自身の返済義務を果たすことができているうちは良いのですが、そうでなくなった場合は子供が返済しなければいけません。

 

そうなる前に親に自己破産をすすめる方法がよく紹介されていますが、これには落とし穴があります。

 

 

自己破産をすると、親の返済義務はなくなりますが、保証人の返済義務はなくなりません。


 

借金の場合は、通常は連帯保証人になっています。連帯保証人は債務者本人と同等の返済義務があるのです。

 

保証人である子供に返済能力がなければ、子供まで自己破産などで借金の整理をしなければいけないことになりかねないのです。

 

しかも基本的に、保証人は借金の一括返済を要求されることになってしまいます。

 

この問題を回避するには親が任意整理をし、利息を見直して返済を継続するなど、保証人に影響のない形の債務整理を早期に検討することが重要です。

 

親が借金を遺して他界した場合

 

親の借金の保証人になっていなくても、親が借金を遺して亡くなると、子供が親の借金を相続することになります。

 

 

相続と聞くと、財産のことと思いがちですが、プラスの財産もマイナスの財産も、相続財産なのです。


 

子供が先に他界していれば、その子供(孫)というように、法て相続人が相続することになりますね。

 

ですが、他界した親の借金を子供が受け継がずに済む方法がないわけではありません。

 

  • 相続放棄
  • 限定承認

 

この2種類の方法によって、子供は親が残した借金の返済を回避することができます。

 

この手続きは、相続することを知ったときから3ヶ月以内に行う必要があります。相続することを知ったときとは、通常は死亡した日になります。

 

葬儀などで取り込んでいると3ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまいます。

 

借金と財産のどちらが多いかなどの調査期間も必要ですから、親が借金を遺して亡くなったときには、すぐにも手続きを始めた方が良いです。

 

相続放棄

 

まず相続放棄は、相続人ではなくなることをいいます。

 

家庭裁判所で手続きをした結果、希望が通った場合には、マイナスの財産である借金はいっさい相続することがありません。

 

ただし相続放棄は、プラスの財産である遺産を相続する権利も手放すことになります。

 

なので、相続放棄はプラスの財産に対して、圧倒的にマイナスの財産が多い場合に適した手段ですね。

 

限定承認

 

限定承認は、マイナスの財産がプラスの財産の額を超過しない範囲で相続する方法です。

 

この相続方法も、家庭裁判所が手続きを行う際の窓口になっています。

 

限定承認では、プラスの財産が500万円あり、マイナスの財産が100万円あった場合は両方相続します。

 

一方プラスの財産が500万円あり、マイナスの財産が1,000万円あった場合、マイナスの財産は500万円しか受け継がないという形になるのです。

 

限定承認は相続開始の時点で遺産の存在はわかっているけれど、借金の規模が不明である場合に選択するのに適しています。

 

親に多額の借金があると知らなかったらどうなる?

 

よくある話ですが、生前に親が子供に対して借金があることを告げず、亡くなってはじめて発覚することがあります。

 

前述したとおり、親が遺した多額の借金の存在を知ったとき、何も手続しなければ、子供が受け継いで返済していくことになります。

 

相続放棄すれば良いのですが、手続き期間が3ヶ月以内なので、内緒の借金が発覚したときには、期間が過ぎているかもしれませんよね。

 

  • 親が家族に内緒の借金をしていた
  • 親の離婚で行き来がない片親の借金

 

このような場合、親が亡くなって数ヶ月経った頃に、貸金業者から子供に支払い請求が来て、初めて親が遺した借金があったことを知ることもあります。

 

多額の借金の場合、貸金業者も回収したいですから、相続人を徹底的に調べると思われます。

 

亡くなってから3ヶ月以上過ぎていることもあるでしょう。その場合、手遅れかというと、必ずしも借金を相続放棄できないとは限りません。

 

相続する借金の存在を知った日から3ヶ月以内とされることもあるからです。

 

できるだけ早く手続した方が良いので、弁護士などの専門家に相談した方が安心ですね。

 

親の多額の借金についてまとめ

 

たとえ親に多額の借金があることがわかっても、子供が保証人や連帯保証人になっていなければ、子供が親のつくった借金を背負うことはありません。

 

借金の相続に関しても、相続放棄や限定承認を選択することにより、親の残した借金を引き継がずに済みます。。

 

具体的にどうすれば良いのか困ったときには、弁護士などの専門家に相談することです。

 

相続放棄には基本的に被相続人の死後3ヶ月以内に家庭裁判所での手続きが必要というルールもありますので、1日でも早く相談した方が良いです。