旦那に多額の借金があることが発覚したら?

督促状や利用明細書が届いたなど、何かのきっかけで旦那に多額の借金があることが発覚したとき、妻は許せるのでしょうか。

 

この点についてですが、ケースバイケースであるといえるでしょう。

 

 

借金には良い借金といわれるものもあれば、悪い借金といわれるものもありますし、借金に対して寛容な女性もいればそうでない女性もいます。


 

内緒の借金がバレたとき、妻はどんな感情になり、どんな行動をするのか!やり直すためにどうすれば良いかなどについて取り上げてお伝えします。

 

 

妻に許してもらえないのはどんな借金?

 

すべての女性にあてはまるとは限りませんが、よくインターネット上でも女性が許せないといっているのは下記のような理由でできた旦那の借金です。

 

  • パチンコやスロット、競馬、競輪や競艇などのギャンブルでつくった借金
  • アイドルやアニメ、車などのいき過ぎた趣味での借金
  • キャバクラ嬢や風俗嬢などにハマってつくった借金
  • 愛人がいることによる二重生活での借金
  • 元妻への慰謝料、養育費を捻出するための借金
  • 投資などの儲け話にのった結果、失敗してつくった借金

 

たいていの男性は、こうした借金が良くないものであると認識しているでしょう。

 

上記のような理由で借金を抱えている男性とは関わり合いたくないと思う同性の男性もいるのではないでしょうか。

 

男性の中には、お金を貸してほしいと友人や知人の男性にお願いされて、貸して返ってこなかった、断ったという経験がある方もいるはずです。

 

また中にはお金にだらしのない男性は嫌だと思い、借金を頼んできた男性と縁を切ったという方もいるでしょう。

 

同じ男性でも今後の付き合いを考えるまずい借金を、妻が認めてくれる可能性は非常に低いといわざるを得ません。

 

 

仮に多額の借金ではなくても、借金をした理由に腹を立てる女性は多いです。


 

中には上記の中に含まれない借金であっても、隠していたこと自体がダメで、どのような理由でできた借金も許せないという女性もいるでしょう。

 

 

多額の借金を内緒で作った旦那が許せない本当の理由

 

旦那の多額の借金が発覚したことにより、裏切られたという気持ちでいっぱいになったと話す女性は多いです。

 

 

嘘をつかれた、裏切られた、それが一番許せないことだという女性が、圧倒的に多いんです。


 

女性の中には、旦那の借金が発覚した際、旦那本人に返済能力がないために妻や妻の家族、旦那の家族などが肩代わりをしたという方もいます。

 

しかし、まわりに迷惑をかけてもなお、旦那が借金を繰り返し、そのたびに裏切られたと感じて許せなくなる妻もいるのです。

 

節約に励んでいたのに、ギャンブルやキャバクラ通いなどでできた旦那の借金が発覚し、その努力が水の泡になったことで余計に許せないと話す方もいます。

 

借金が発覚したことで、返済に自分も協力しなければいけなくなり、余計に家計を切り詰めなければいけなくなることが、許せないという方もいるのです。

 

そのほか、別の女性につぎ込むぐらいなら妻である自分に使ってほしかったという理由で許せないと話す女性もいます。

 

自分を許せなくなる女性もいる

 

旦那が許せないだけでなく、不要な借金をつくるような男性と一緒になった自分を許せないという女性の声も聞かれます。

 

 

最愛の妻に、こんな思いをさせてしまうことに罪を感じませんか?


 

こんな男性と結婚しなければ良かったと後悔し、見る目がない自分自身に腹を立てる女性もいるのです。

 

また夫婦だけで借金問題を解決できず、旦那や妻の両親などに返済のためのお金を出してもらうこともあります。

 

このような場合、まわりに迷惑をかけてしまったことで申しわけないという気持ちになり、自分を責めてしまう女性もいるのです。

 

離婚したい妻との結婚生活を修復する方法ってある?

多額の借金があることを旦那が隠しており、そのことがバレてしまうと、夫婦の信頼関係は崩壊し、妻の愛情がなくなってしまうかもしれません。

 

借金をつくる夫との結婚生活に耐えきれなくなった妻が、旦那に離婚を突きつけたというケースは多いです。

 

ひとたび離婚を決意した女性の意思はかたく、関係の修復は非常に困難であるといえるでしょう。

 

話し合いでの離婚に旦那が応じなければ、家庭裁判所に離婚の調停の申し立てをされてしまう可能性は高いといわざるを得ません。

 

関係修復の望みは薄いとわかっていても、最後まであきらめたくないということであれば、行動を改めるしか手段はないでしょう。

 

 

自分の不始末は、自分でケリをつける覚悟が必要ですね。


 

借金を二度としないのは当たり前ですが、滞りなく返済をする必要もありますし、家に生活費を入れることもしなければいけません。

 

返済や生活費を入れるのが困難なようであれば、取り返しのつかないことになる前に法律事務所に相談し、債務整理をすることも大切です。

 

誓約書の作成や、借金を繰り返すことができないよう、印鑑やカードを妻に預ければ、行動を改めようという姿勢を見せることができます。

 

パチスロや飲み屋通いなど、借金の原因となったことをきっぱりやめることも、関係修復の可能性を高めるには効果的です。

 

ただしギャンブル依存症などの病的な問題を抱えてしまっているようであれば、依存症の治療も必要になります。治療には、妻の協力は欠かせません。

 

妻に苦労を共にさせてしまうことになることを、しっかり胸に刻んでおくことです。

 

旦那の多額の借金についてまとめ

 

妻によっては旦那が内緒で借金をつくっていたことが発覚しても、とくに何のペナルティもなく許してくれることもあります。

 

しかし、たいていは旦那にとって都合良くいくことにはなりません。

 

二度と借金をしない、妻に高額なプレゼントをするなど、許されるには条件つきであることも多いです。

 

また何かで口論になるたびに借金のことを蒸し返されることもありますし、最悪の場合は別居、離婚問題に発展しかねません。

 

結婚生活をダメにしたくなければ、妻に秘密で多額の借金をつくるような真似はしないに越したことはないでしょう。